イチゴの話

あっという間に春がすぎ、青梅がたわわになりだしました。



我が家の庭にはサクランボの木があり、毎年、何にもしないのに
たくさんの実をつけてくれます。

     



・・・そう、なんにもしない。
肥料も農薬も水やりも・・・、なーーんも。

自然のままに、実をつけて、鳥や虫に食べさせて、
残りを人間に与えてくれます。
ありがたい、まさに、自然の恵みです。



家の向かい側に畑があります。
土地があいて荒れているからと、一年前に
地主さんから借りうけました。

そこでなったイチゴです。

     


イチゴ狩りのイチゴもスーパーに並ぶイチゴも
農薬が無いと商品にならないと聞きます。
『低農薬栽培で育てたイチゴ』
…なんてゆう広告も見かけます。



ほんとかなぁ・・・・・・・・・。



私の畑のイチゴは、農薬を使っていません。
伐り粉と米ぬかを混ぜた土に植えつけ、藁をひいて…、
そのまま育っています。

おいしそうに熟したイチゴを収穫すると、
なかには団子虫が先に食されていて、
人間の口に入らないものもありますが、
収穫してすぐに洗いもせずに口に入れる子供を見ていると
安心に勝るものはないと実感します。



たくさんのイチゴを、毎朝収穫していただいていますが
毎朝思うことは…、




農薬なんてなくっていいんじゃん・・・・・・・。




甘くておいしいです(^^)




肥料には御米のとぎ汁をせっせと土に運んでいます。
ちょっとの手間と、虫や鳥にわける地球上の生き物としての
仲間意識があれば、土を殺さずに済むんではないでしょうか?

農薬がどんなものかはわかりませんが、
虫が寄り付かないことだけはわかります。
人間には害が無いのかもしれませんが、だったらなぜ、
『低農薬』がもてはやされるんでしょう?
みんな、できたらないほうがいいような気がしている
からなんではないでしょうか?




もうちょっと自然に寄り添って生きていけたら
体も楽なんじゃないのかなー。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

活動内容

カテゴリ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

エントリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

サイト内検索

その他

QRコード

qrcode
株式会社風