雑誌のコラムです

10月に出版される『知多半島』に掲載しているコラムです。

当たり前に使われている世の中の物が本当に安全なのか・・・、
考えなく判断しなくてはいけない時代になったのではないでしょうか?

今回は『柔軟剤』を取り上げています。
ぜひ、お読みください。




自然にはないもの


 

最近になって近くにいる人や隣の家からの『におい』が問題になっているというニュースを目にするようになりました。
この『におい』とは、洗濯物にわざわざつけている柔軟剤や消臭効果のある香り剤などから発せられるもので、これによって頭痛や喉の痛み、吐き気などを誘発する事が苦情として消費生活センターなどに寄せられているのです。
そもそもこの『におい』をつける商品の『においの素』はなんなのでしょうか…。
これは陽イオン界面活性剤を主成分とした化学合成物質です。
この化学合成物質を洗濯された衣類に付着させ『いいにおい』として身にまとっているわけです。
以前に家の中の化学物質についてふれた事がありますが、住宅環境下においても化学合成物質は大変な問題になっており、ホルムアルデヒドを含む数種類の化学物質は制限されるに至りました。
それでもまだまだ規制が不十分で、本来安心して生活できるはずの家の中で化学物質過敏症やアレルギーなどの病を引き起こしているのです。
一方、柔軟剤を含むいわゆる『におい』のするものについての規制は全くと言っていいほど無く、成分表示ですら厳しい表示義務がありません。
このような状態が『におい』による被害を招いていることは言うまでもないのです。
『いいにおい』としか感じておらず使い続ける人ですら、知らず知らずのうちにこの成分が呼吸によって体内に入ったり直接皮膚に触れたりして、何らかの健康被害を受けていると考えるのが自然です。
空気中に漂う『におい』の化学物質が一旦体内に入ると分解されることはありません、次第に蓄積されさまざまな病気を引き起こします。
また洗濯排水と一緒に海に放流された化学物質もまた分解されず小さな魚や貝などを経てやがて人間の口から体内に入ってきます。
東日本大震災で起こった原発事故で大量の放射能が空気中にばらまかれ、最近は放射能の汚染水が海へと流れているとされています。
この放射能も化学物質と同じで分解されることは無く、いずれ何らかの形で人間に返って来るでしょう。
『いいにおい』がしないと駄目なのでしょうか…、大切な我が子の健康に被害があっても駄目ですか?
私たち親は子供の未来や健康に責任を持って生活を支えていかなければなりません。
大量の電気と利益が要るから原発が必要である、『いいにおい』がしないと物足りない…、そんな理由で子供の未来や健康を害していいわけがありません。
自然界には無いものを作り出した時点でその物は自然とは融合せず、負の遺産として未来の地球に残っていくのです。
出来るだけ自然に近い状態で生活をすることこそが、この負の遺産を少なくすることにつながるのではないでしょうか…。
おうちにある柔軟剤、一度見直してみませんか?

 

 

                                          チーム 風 


 

モデルルームから車で10分足らずのところにある牧場です。
知多半島の酪農家さんが生産する牛乳の多くは「みどり牛乳」の牛乳になって
食卓に上ります、こちらもその牧場です。

「みどり牛乳」は学校給食にも使われているので、知らない人はいないと思いますが
この酪農家さんたちの現状を知っている人は少ないでしょう。

365日お休みなしで牛の世話をし、年々減っている牛乳の需要にどう向き合うかを
日々考えていらっしゃいます。




牛舎の近くに行くと牛がゆっくりゆっくり私のほうに近づいてきました、
会話をするように目を合わせ、手を差し伸べると顔を近づけてきました。

酪農家さんが日々この牛たちの世話を愛情をこめて行っているからこそ
私のようなものにも警戒することなく近づいてきてくれるのでしょう。

そうしておいしい牛乳を私たちに提供してくれています。





食物連鎖の頂点に立つ私たちは食べ物を勝手な都合で生産しては廃棄します、
しかし、食物すべてが生のあるものによってまかなわれているのだということを
もっと深く理解しなくてはいけないのではないでしょうか・・・。

牛はなにも求めずに暑い中えさを与えてもらってお乳をだしていました。



雑誌のコラムです

これはミツバチが消滅したお話です。

7月に『知多半島』と言う雑誌に掲載される文章なのですが、ぜひ、お読みいただければと思いここにも掲載します。

以下の文章に出てくる『農薬』は家を建てるときに散布し、その後5年ごとに散布を繰り返す「白蟻駆除の薬剤」と同じタイプのものです。
実は私たちの身近には命の危険を危惧しなくてはいけないものがたくさんあります。

『株式会社 風 木と土と風の家 家工房』 の家はこの「白蟻駆除の薬剤」も含め、人間に害が出るであろうものは使用しません。
しかし、多くの建築物にはこの種のものが多く使用されているのです。




人間から自然へのマイナスのリング

 

この数年、世界的な規模でミツバチが大量に死んだというニュースを聞くようになりました。
このことをただ単に、ミツバチがつくる蜂蜜や蜜蝋などの産物が採れなくなる、という、養蜂業者さんに対する直接的な打撃ととらえるのは大変危険だと思うのです。
テレビのニュースでは本当の被害や原因は語られておらず、ついつい見過ごしてしまいがちですが、このことが自然への大きな脅威だとしたら、私たちはこの先どうしたらいいのか考えなくてはいけません。
なぜ、繁殖力の強いミツバチがいなくなったのか…、いろいろな原因が重なり合っているのは間違いないと思われるのですが、原因のひとつとして『農薬』を考えない理由が見当たりません。
海外で禁止されている農薬を未だ日本は禁止しておらず、その農薬を散布した場所の近くにミツバチの大量死が認められているという事実があるからです。
岩手県でクロチアニジンという『農薬』を散布した直後にミツバチの被害が発生したという具体的な記録があり、十数年の間に海外で次々に禁止された『農薬』の使用量が日本では減少していないばかりか増えている例もあり、『この農薬』の出荷量の多い地域にミツバチの消滅や不足が起こっているということもそう考える要因のひとつです。
問題は、この『農薬』によるかもしれないミツバチ消滅と同じ地域で、人間への健康被害も報告されている点です。
小さな虫の命も人間の命も同一線上で考えたとき、ミツバチがいないことでの直接的な被害だけを見て「その程度」と話を終わらせてはいけないと思うのです。
何よりミツバチは自身の命の維持のために蜜をとりますが、そのおかげで花が受粉し実をつける、私たちはその実を食べて命を維持しているのです。
人間の絶滅があるとしたらミツバチの絶滅は少なからず関係があると考えなくてはいけないのかもしれません。
『農薬』をまくことで害虫の駆除をする、その『農薬』で健康被害がでる、さらに『農薬』によって作物をつくるきっかけになるミツバチが死滅する。
このような大きな問題をはらんでいる事を私たち人間一人ひとりがもっと深く理解する必要があるように思います。
大きな組織が先導する日本の仕組みは時に経済成長と言うお題名目の裏側で、私たち個人が知らないうちに本当は大切だったものを無くすことにつながる重要な局面を迎えているかもしれません。
この先、私たちの地球を子供や孫、もっとその先の子孫へ安全なまま届けることが出来るよう、今出来ることをしなくてはいけないと思います。
まずはこの事実を知り、現在起きている問題を正面から理解することが大切です。

 

 

                                     チーム 風

 


薪の問題



 


薪ストーブの燃料のお話です。

昨年くらいから出回り始めた薪に変わる薪…、エコジーです。

お米をつくったあとのもみ殻からできた薪に変わる薪、
発熱量など、薪に劣る部分はありません。
もちろんツナギに接着剤などの化学物質が混入されていることもありません。

そもそも昨年、東日本大震災が起こるまで、
商品として流通している薪の多くを福島県がになってきました、
震災後、放射能問題などでその流通はストップし、
市場の薪の流通量がたいへん少なくなりました。

そこで開発されたのがエコジーです。

福島の産業の活性化、薪に代わる燃料の必要性、もみ殻の再利用…、
どの角度から見てもこのエコジーの流通はぜひとも支えていかなくてはいけません。

現在は少ない森の木をみんなで分けてなんとか燃料を確保していますが
10年、20年経ったその時も必ず豊富にあるとはかぎりません。

一つの方法として覚えておいていただけたら・・・、と思います。



この商品に関しては現在のところ直接販売元から購入をすることができません。
詳しい値段や入手方法などはぜひこちらまでお問い合わせください。
              
家工房 0569-72-1031 代表 鹿嶌友代




台風一過

 今回の台風で被害のあった多地域の皆様にお見舞いを申し上げます。




知多半島は先ほどから台風一過、梅雨の時期には珍しい青空が広がっています。

あまりの美しさに原発問題や被災地の問題、政府の不甲斐無さなど、しばし忘れて
夢中で空に向かってシャッターをきりました。
















庭で元気に新緑を輝かせている木々と澄み切った青空です。

この青空のように日本の抱える諸問題がやがて解決され、透明感を持った結果をもたらしてくれるよう
願ってやみません。

被災地では今なお避難生活が続き、原発の問題は隠されたとんでもない事実を時が経つ度露呈させています。

政府は責任のなすりつけ合いをメディアにさらし、メディアは都合の悪いことを排除して報道します。



信じられるもの、大切なものは愛すべき家族と自分、周りの人たち・・・、
いつの時もこれさえ忘れなければ平和な日々をおくることは難しくないと思うのですが・・・。








本当のエコ

浜岡原発がとまりました。

エネルギーの将来を見越して次は『2030年までにすべての新築ビルと住宅に太陽光パネルをのせる』
と主要8カ国首脳会議で表明するようです。

太陽光パネルの価格を段階的に30〜40%値段を下げていくのも合わせて進めていくようですが・・・。





エネルギーが足りない、今日もニュースで盛んに言っています。
でも本当にもっとたくさんのエネルギーをつくらなくてはいけないのでしょうか?

日本の人口は増えていません、絶対的な必要数は変わっていないはず、
原油が無くなるまえにそれを燃料とするエネルギーに変わるものの開発と
原発をとめた分のエネルギーが必要なのは事実でしょうけど・・・。

それより一度立ち返って自分たちの生活を見直すべきではないのかな?と思います。

設備をつければそのものを作る過程でエネルギーは使われるでしょうし、
変わる何かを採用すれば古い何かを捨てることになり処分の段階でまたエネルギーを使うでしょう。




何もなかった戦後、日本は復興に向け突き進んできました、
大量に消費し大量に処分する、それで経済が躍進してきたのですが
反対側でこれによって無駄なエネルギーを使っていたのではないでしょうか?




実は限りある、私たちにとって一番大切なもののひとつエネルギー、
一人一人が本当に必要なものを考えいらないものは使わないシンプルな生活をすれば
大量のエネルギーを消費する生き方を変えられるのではないでしょうか?

そうすれば今あるだけの電気を使ってつつましく過ごすことが可能になる様な気がします。







この夏ももちろんエアコンのない夏を過ごします。





知多半島から・・・、みんなで応援してます

 


復興に向け、毎日必死で頑張っている皆様・・・、
遠く知多半島から、一日も早く温かい春が来ますよう祈っています。


『チーム 風』の皆様

東北地方を襲った震災・・・、
復旧にむけ、辛くても立ち直らなくてはいけない 未来があります。

遠く離れた場所で何一つ変わらず生活できている私たち、
今こそ小さな力にでもにできること、しっかり考えよう・・・。





http://prayforjapan.jp/tweet.html

いろいろな方からのメッセージが書かれています、
海外からのものもあります。



日本がどんなにいい国だったか・・・、再確認してください。
これからの日本や世界、地球すべてを守るため、気づかなくてはいけないことです。



私たちの住むここ日本はほんとうにほんとうにいいところです。

被災地の皆様

今回の地震の脅威に心から人間の無力さを感じています。

しかし、この大自然の懐で生きてきた私たちです、
どうかこの難局を乗り越えてください。

被災地に御身内、お知り合いのあられる皆様、
被災地の皆様に、心からお見舞い申し上げます。

個人的に・・・。

埼玉のテルちゃん、テルちゃん御家族
東京のヘナちゃん、ヘナちゃん御家族
仙台のKさん、Kさん御家族
山形のナスさん、ナスさん御家族
連絡が取れませんが無事ですか?

どうか元気で・・・、無事を祈っています。

| 1/1PAGES |

活動内容

カテゴリ

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

エントリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

サイト内検索

その他

QRコード

qrcode
株式会社風