挑戦です

3年がかりで準備してきた田んぼ、今年はいよいよ収穫です。

これまでは御手伝いをしながら勉強させてもらっていたのですが、今年は、収穫まで自力で進めていきます。

春先に草刈りでスタートした「チーム 風」の田んぼ、苗がすくすくと育ち、たくさんの生き物が暮らしています。

少し振り返ってみます。
4月の草刈りと田起こしです。



田んぼに水をいれました。
乾いた土に何日もかけて水を含ませます。



代掻きをしました。
田植えをする前に田んぼの土をきれいにならします、この時に畔を整えます。





代掻きが終わるとさっそくいろいろな生き物が・・・。





5月にはいり、いよいよ田植えです。

「チーム 風」の田んぼには除草剤も農薬も化学肥料も使いません、土の力に頼って稲を育てていきます。
当たり前のことですが、その分、たくさんの手間がかかり、収穫量も一般的な耕作で作られる田んぼよりかなり少なくなります。
それでも、自然なままの食べ物を作りたい、ただただそれだけの思いで、覚悟を決めて進めることにしました。







田植えが終わり土が落ち着いてきました、代掻きが終わった時に来ていた鴨は毎日やってくるようになりました。





その後も苗は順調に生育しています。



この頃、田んぼには、鴨以外にも豊年エビという小さな生き物やタニシ、おたまじゃくし、小鳥など、行く度、数えきれないお客さんがいました。





2.3本づつ植えた苗が栄養を吸い上げながら青々と育ち本数が増えています。



6月になり草が出てきたので大きくなる前に土ごとひっくりかえしながら除草しました。







苗はこんなに成長しています。



おたまじゃくしも蛙に。



鴨の夫婦は畔でたまごをあたためています。
この時の草刈りで鴨の巣を見つけました。びっくりです。



赤トンボも。



多くの生き物のお陰で、土も水もとてもいい状態です、苗も大きくなっています。
この田んぼでできたお米はきっと人間にも優しいお米になる、そう信じてこの先も頑張っていこうと思います。

この田んぼを作るに際し、たくさんの方のご協力とお知恵を頂戴致しました。
心より御礼申し上げます。

トラクター、代掻き指導
石川さん
全般指導
中野さん
水いれご協力
隣の田んぼのおばあちゃん
隣の畑のおじさん
そのほかご協力
近所のおじさん、おばさん

お陰さまでなんとかここまで進めることができました、本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

この田んぼのこれからは、この先もご報告して参ります、ぜひ、ご覧下さい。

また、ご報告いたします。

にんにく収穫祭に参加しました

美浜町布土の太田農園さんの農園のにんにくを収穫する、同じく美浜町の『とるたべる』さんの企画で行われた「にんにく収穫祭」に参加しました。
太田農園さんは、無農薬、無化学肥料でにんにくをつくられています。
私たちがスーパーで見かけるものや外食店が使用するものは海外のものが多く、日本のものであっても自然のまま栽培されているものはごくわずかです。
そんなに貴重な「にんにく」を収穫し、とれたての「にんにく」をいただく、というイベントです。

チーム風からご参加していただいたみなさん、ありがとうございました。
おかげさまで楽しい一日でした。
小さな戦力もいっぱい、大人に負けないパワーでがんばってくれました。

















この日は100人を越す参加者があり、農園はとてもにぎやかでした。
青空の下、一日よい空気のなか、楽しい時間を過ごすことができました。
畑は農薬や化学肥料を使っていないため、安心して、土と戯れることができます、小さな子供さんたちも泥だらけになって遊べました。
食べ物をつくる場所はこうでありたいです。

お昼にはカレーライス、とれたてにんにくのすあげをいただいて、お昼からフルーツパンチでのんびり。



















みなさんで収穫したにんにくで・・・







次回のイベントでは、田植えを企画する予定です。
自分で植え付けた苗がお米になって、そのお米を食べる、という、当たり前のことを改めて子供と一緒に体験したいと思います。
ぜひ、ご参加ください。




また、皆様とお会いできる日を楽しみにしています。


田植え完了!









田植えが終りました。

3日前に代掻きをして
きれいになった田んぼ。



ここに苗を植え付けます。

雨の天気予報も少し遅くなり、
なんとか降られず田植えが終わりました。

秋までにしっかりと稲穂が育つよう、
これから頑張って草取りをします。
農薬も化学肥料も使わない米づくり。
手探りしながら開始です。

いよいよ田植えです



よくのびた苗が玄関先で
田んぼに植わるのを待っています。
ゴールデンウィークには
いよいよ田植えです。

その前に、田んぼに水をいれ
耕して、しばらく土を休ませます。

おいしいお米への第一歩。

チーム 風の活動にまたひとつ楽しみがふえました

昨年より計画・準備してまいりました

安全安心な住まい方の一環、

「安全安心なごはんづくり」を

この春よりはじめました。

 

まずはこのページでご紹介させていただきます。

 

先々はよりわかりやすく皆様に親しんでいただける

ホームページをご案内させていただく予定です。

(ただ今準備中です)

 

さてさて・・・

昨年より準備してきました田んぼでは

この秋に収穫予定のお米ともち米をつくります、

今日は田んぼの土を耕しました。

 

 

おいしいお米が収穫できましたら、

ぜひぜひ、皆様に食べていただきたい!

そんな思いで、耕しています。

こちらもあわせてご案内させていただきます、

ぜひ、このページをご覧ください。

 

この田んぼでは

一緒に田植えをしたり、稲刈りをしたり、

収穫後にはご飯を炊いておにぎりを食べたり…、

お子様にも参加していただける

「お米を作ろう会」を企画してまいります。

ぜひ、ご参加ください。

 

 

 

続いてベントのお知らせです。

 

無農薬にんにくの大収穫祭

 

5月14日 日曜日 9時30分から15時30分

 (午前の部・午後の部・一日中) 

美浜町布土 太田農園さん(お仲間です)の畑にて

おみやげつきです♪

 

* 5月7日頃までにご参加申し込みをお願いいたします

* 食事代・おやつ代など、時間帯に合わせて参加費がかかります

* 上記の費用にはボランティア保険代が含まれます

* 詳細や持ち物など、ぜひ、お問い合わせください

  問い合わせは→ 鹿嶌 090-8472-5407

 

 

 

 

 


再来年の薪づくりを始めました



冬に伐採した木を
これから薪にします。
2年、乾燥させるため、
この木が薪になるのは
再来年です。



しばらくこの作業を続けます。


≪お知らせ≫

この春の間に伐採をする
山があります。
詳しい日程など決まりましたら
このページでお知らせしますので、
ぜひ、ご参加下さい。

チーム 風の活動を再開致します、
皆様、宜しくお願い申し上げます。

エディット夏号掲載の絵日記です

 

子供たちを取り巻く環境は昔とずいぶん変わりました。

私達、大人が子どもだったころの楽しい出来事を

現代の子供たちに伝えることは

決して無駄ではないと思います。

この夏は縁側でスイカ割りでもいかがですか?


エディット春号掲載の絵日記です

 

里山の暮らしを懐かしく思うのは、

今の暮らしの中に足りないものが

いっぱいあるからなのでしょう。

 

里山暮らしを始めるのは難しくても

無くしてしまったものが何か、考えるだけでも、

今の暮らしが楽しくなるかもしれません。


人間なんかがかなわない理由



樹齢800年を越す、くすのき。

建物や、コンクリートや石の土留めを巻き込みながら、大きくなっているようです。



人間の寿命は長い人でも100年、しかも老化をしながら・・・。
この木は、まだまだ若葉を枝の先にたくさん蓄え、元気そうにみえます。
根の部分に触れれば温かく、木陰は涼しく、木漏れ日は心を癒してくれます。

人間がいくら束になっても、かなわないパワーを感じます。
自然にしたがい、一緒に生きていく方がきっと正しいんだろうなぁ、と思います。




チェーンソー修理

エンジン焼き付きで下取りに入ったスチールのMS201です。




外装をばらして...




けっこう、ここまでが大変です!
エンジンが出てきたら、あとはささっと部品を換えて...



ちなみに2サイクルの原付みたい?

これで排気量35cc程あります!



シリンダーとヘッドカバー
一体になっています!
組み立てて完成です!



このモデルは山林プロ用としてはお値打ちですが、ピストン、シリンダーで4万円程しますので
(原付用より高い...)

きちんと状態を管理して長く使おう...

皆様も伐採オフシーズンにはチェーンソーのメンテナンスを
しっかりしてください!

当社でもメンテナンスはお受けいたしております!
ぜひご相談ください!

| 1/16PAGES | >>

活動内容

カテゴリ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

エントリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

サイト内検索

その他

QRコード

qrcode
株式会社風